偽製Bloodborne.
真夜中ハ純潔:其ノ壹
 それは心臓のへりを探るような息遣いだった。
 いらっしゃいなさいな、狩人さま。
 と、十指が手をとり包む。
 思うとなしに視線をもちあげれば、頭ひとつは上にある横顔から、ごく薄い情が唇のはしに乗る面差しをかいま見られた。
 二輪の薔薇飾りをあしらうボンネット。高い襟に覆われたか細い首。薄く紅を引いた色合いの唇。光の透ける銀をたたえた三つ編みが揺れる。相好を崩すことも知らない頬に、その他には何もないほど大切な面影を描いた女が腕を引く、やんわりとした力にしたがった。午睡の波打ち際から、水銀のつやで無を照り返す水面に、波紋をなさぬようそっと足を浸け、静々と瀬を行く。夢見る足つきのちぐはぐさをささえる手は、節に球体間接が際だった。硬質な膚触りで作り物なのだとおのずから告げて、それでも強いぬくもり、慈しみが伝ってきた。午睡の渡し守によるいざないがいつしか安堵をこごらせていた。
 人形は空洞なのだから、願望を委ねるのにこうもふさわしいものはない。無にひとしい奥底からくんだ影が、そこにはあった。
 狩人は微睡みの彼方此方(おちこち)へ行き来するものだ。往きて帰ってくるものだ。しかし、「血」という現 世(うつしよ)を夢と変える鍵はそれを許さない。眠りからいざなわれるのは、往々にして過去だった。落ちた花瞼(まぶた)を際限なき銀幕として、人であった遠くのいつかとすれ違う、みずからを狩人にしたてた女と出逢ったあの黄昏時が、見えかけていた。
 思い描く必要はない。
 過去はすぐそばにある――その日は、リツのなかで少しも薄れていない。
 とろけだしそうな琥珀色に停滞したクリミア戦争。記憶の樹液が綴じたセヴァストポリ。丘で築かれた陣地に座する砲術解析機関の煤煙、大砲どものくゆらす硝煙、砂塵のもつれあう戦 域 煤 煙(ウォー・スモッグ)の澱が、荒漠たる丘陵に低く流れ、装甲汽罐車(ガーニィ)の、角ばりが武骨を通り越して不恰好な残骸をかすませていた。ひしゃげた砲塔が焦げつく高音に、とじかけた眼をひどくしょぼつかされた。額に貼りつく赤毛の一本とて払う力もなく、現実を埋める粗い地獄のマチエールに、ただただ圧倒されていた。それは混沌(カオス)だ。修辞ではない。すべてが渾然一体となった実体としての無秩序(カオス)。敵陣地の壁は内面から割られ、尖兵の隊伍を構えてその奥へ突き進んだ包囲工兵隊も、同僚の傭兵も、死の嵐が通ったあとのそこかしこで命と肉をわかたれていた。投げだす手足は繰り糸が狂った人形劇の無造作をなす。虚ろな眼では濁りの膜に炎が照り、火の手が追いつき灰に帰すときを待っていた。死ねば物にすぎぬとは割りきれない思いが、余計に死のむごさを見出させた。
 遠雷のどよめきに似て、獣臭の濃い雄叫びがやってきた。帝国が運びいれた聖 杯(グレイル)は、彼方からの死病を招き、人ならぬ手段によって戦線を見る影もなく崩壊させた。ここは蒸気機関が人の手によらぬ開閉でその都度、異なる通廊をひらく自動生成の死地だった。生あるものは愚政を呪い、死者は墓もなく眠る。
 故郷のキングストンを去ったとき、リツはこうなることなど想像もしなかった。
 あの世へまじわる予感が首を絞め、家柄も何も関係のない、お雇いとして武をひさいだ果てに、不条理ひとつで屈する結末が泣き言を飲み干しかけていた。
 と、小柄な影がそれらを覆して眼を奪う。古めかしい礼装風の赤で着飾る女が、装甲の亡骸にたち、凶々しい黄昏のなかでささやかな笑みを浮かべていた。好奇と値踏み。稠密な金糸とバッジをあしらう三 角 帽(トリコーン)に清らかな銀の毛筋をたたえ、風にはらはらと翻るやわらかな前髪のあいだから、凍てた蒼の双眸に見つめられた。繊手のうち、いかにも戦場と不似合いな紅薔薇の一輪が鮮やかだ。ほつれかけた花弁をひとひら、唇がそっとはみ、一層に赤い舌が引きこんだ。すると磁器の白さをまとう面差しに長い睫毛が伏せた。
「ああ、貴公」
 声は一直線にリツのもとまで届けられた。たったのひと言が諦念に染まっていた心臓を、大きく跳ねさせた。感電するような喜びと呼べるかもしれない。
 きれい、と場違いにも、恋する乙女の浅ましさで、リツはつぶやいていた。
 昏れに染まった闇の客 人(まろうど)だけがもつ引力。
 その眼に何が映るのかを知りたい、仕えてともに歩んでみたい、と思わされた。
 主従の糸を織るにあたいする導きを、リツは心の底から見出していた。魅了されたのだ。けだものが吐く卑しい蛮声を嘲笑う立ち姿に。剣閃もかくやとなびく三つ編みに。クラナッハの筆に描かれたユーディットめいてなめらかな頬の線に華やぐ、真実、怜悧がきわまった笑みに。それらすべてを律してやまない凛として鈴の音を連想させる呼び声に、だ。
「貴公は、まだ終焉に盲いていないようだね。それはとても素晴らしいことだよ」
「わたしは、わたしは」
 リツは死に乾びる咽喉(のど)を鳴らした。死にたくない、と云いたくても声がつづかない。
「多くを語るいとまはなさそうだ」
 女は短く遮ると飛び降り、
「どうだね。ここで無価値そのものとなる死に臥すことなく、不朽の牙を掲げ、この朱水銀のグスターフィアと歩む気はあるかい……」
 問いかけが殺戮の音を途切れさせた。
 たしかに時が凝固したのだ。リツはあのとき、どんなことばで誘い水を下したのかまでは憶えていなかった。棘が薄い柔膚に忍びこんで浮かす血の玉が、まだ生の色濃い茎を走り、訪れかけた死に乾くリツが差し伸ばす舌先へ、ぽたり、と落ちた。重くねばついた新しい精気が、肉を潤し、はじめて交わした口づけの甘やかさで、体幹より末梢まで痺れていくのだけがたしかだった。眼の濁りはじきに晴れた。
 煙を巻く視野に、犬狼風情の影が踊る。装甲汽罐車(ガーニィ)に優越するあまりにも巨大な影絵は、果たして人でなしの怪物であり、ほとほと冗談めいていた。自然科学に逆らう病に狂った人体。毛皮もどきに生えそろう菌糸は、ざわり、と風をはらみ、毒々しいかびの灰青色と瘴気を散らした。死した兵士の成れの果て。あの糜爛した異形に打ち勝てやしないと信じて疑わなかったのが嘘のように、恐れは失せていた。ひと欠片まで。恐怖はさまざまな形で心を打ちひしぐ。リツを諦めに染めかけた怖気は意気地もひれ伏す稲光に近く、本能の底からぐらつかせたが、それを本物の、聖別する雷がやすやすと消し飛ばしてしまったのだ。取って代わる理性は澄み渡っていた。異形を引き裂け、とあらたな鼓動が、憤りを赤く穏やかに帯電させた。差しだされた小さな掌を、リツは握り返した。
 仕えるべき本当の主がために、その日、人の生を捨てた。あやかしの血をみずからの意志で望み、魂の奥までくみいれたのだ。
澱血(よどみ)に一切を委ねてご覧よ。人ならぬすべを次の一歩が教える」
 告げる声を、リツはたしかに聞いた。
 それは肯定してくれた。いつか、転婆のいたりで退屈を召し抱く人生などは家ごと捨て、騎士道物語(ロオマンス)の気風を求めてしまった日から、今日までの歩みを。
 血族にかよう数千年を超えた古来よりの血。それは人なる生物種が所与のものとして、絶え間なく前進する生命の奏でに異を唱え、停滞をもたらす。かの神話の時代に神の呪詛を授けられたいにしえの罪人、血の神、敬慕を抱く声は偉大なるCと呼ぶ、血の長より連綿とつらなる氏族に列席したのだ。忌避される、名誉を喪った氏族に。
 小作りな礼装が許す限りの重みなのだろう。背と脇には武具をひとつずつさげていた。そのうちの脇に佩く騎士剣へと手がかけられた。高貴な権能を秘めて気安からぬ趣に、柄で異彩を添える細身の銃爪から、それは明らかに畸形のこしらえと判ぜられた。
「刃と眼をむけよ。けれど、野獣の眼をしてはいけない。狩人となるのだからね」
 と騎  銃  剣(レイテルパラシュ)の柄を差しむけ、
「赤きドレサージュといこう。来たまえ」
 剣をとれば、ぱちり、と一重の大きな右眼が瞬く。安心しろとなだめ、おずおずと薄氷を踏む思いのリツを羞じらわせる意志が見えた。
 従僕が背に添うのを当然とする闊歩で押しかける死など覆し、戦線の切れはしを舞台にかえていた。教授の抑揚は朗々として雄弁だった。異形に流れる穢れた血の危うさ、殺しの作法を手短に教え、敵愾心が睨めつけてくる間合いまできたときには、鋭刃でうがつに適した急所へ狙いを導かれていた。倫理(エチカ)なき闘争の書き換えを宣言する清らな声で、グスターフィアは云い放つ。さあ、その手で貫き学びたまえ、と。
  駈けだすリツの、ひび割れた眼鏡のむこう、乱視のけを残す眼のふちに光暈の火花があふれた。夢を歩むような(はげ)しい色彩に勢いが先だつ。
 驚くべき聡さをうながす五感は襲い来る爪をかいくぐらせた。背が粟だった。息を飲むごとに歩を踏みこみ、ただの傭兵風情なら意味がない薄さにまで削がれた瞬間のなか、殺意と理性をしたがえて、脆さの一点に突き進んだ。
 恐れ知らずと軽率さのはざまで勇壮を奏でる歩。
 花と戯れる蝶のような切り払いに次ぐ突き。
 仕掛けでさらした銃口に咲く烈火。
 さらには屈めた身を深く矯め、空を駈けおりる流星の閃きを借りて放つ切 尖(きっさき)
 脾腹を、みぞおちを、と貫けば肝を潰した短い咆哮が苦しげだ。嗜虐が愉悦をどくり、と()たせ、頬の古傷がうずいた。古びた騎士の濃彩をリツの双肩に負わせる騎  銃  剣(レイテルパラシュ)の構えは、のちに半世紀、狩りをともにすることとなった。
 しかし独断で迫る一騎討ちは、リツの腕前ではまだなせなかった。
 わずかな油断から糸口を見失うとグスターフィアが口笛で気をそらした。水銀の粒のように手負いの猛攻をすり抜ける疾駆。恐れ多くも矮躯というほかない身にあまる、柄と円盤からなる長大な武具は、異形の刃並びを揺すり、器物と思えない喚きで虚空を舐めた。黒々とした殺意の、うなじがひりつく強引さたるやなにものにも代えがたい。平然と威を振りかざし、到達を認めたとたん、血の赤と胞子の灰青が爆ぜた。傷が噴く二色にはさらされぬように、屈して土を擦るほどに低い駈けずりがたくみにかわしていた。体格において劣っていようとも狙いすました眼の色は見下ろすときのそれだった。いっそ幼いとまで評せられる影が小回りで円を描く――と、面が、腹が、四肢が、またたく間に細切れとなった。
 唖然とするリツなどお構いなしの、見知らぬ作法に富んだ壊しかた。
 断片が、ぼとり、ぼとりと転がっていった。
 それは一方的な屠殺だった。とめどない脅威となって英国軍の精鋭も、機知に富むカナダ傭兵も圧倒した異形が、泥塑を相手取る軽々しさで解体されていた。リツは畏れを憶え、理解もした。グスターフィアは轟きをもって人間としての生、その残余をも切り刻んだのだ、と。生まれなおしたともいえよう。永き血をつなぐ子として、唯一の裔となった。
 何事もなかったように鋸を黙らせ、グスターフィアは武具の鼓動とともに戻ってきた。背後に、屍の残す空虚をしたがえて。
「殺しきれなかった」
 と、呆けるリツの赤毛にくすみを乗せた砂埃を、グスターフィアは払い落とし、
「貴公には、いささか無謀なきらいがあるらしい。よもや単騎(ソロ)で攻めこむとは――早合点だよ。二人で間隙を打つ心算(つもり)だったのだけど」
「面目ないです」
「なんの。はじめてにしては上出来だ」
 莞爾(にこり)と満足げに賞賛する笑みだった。
 リツは陶然として、腰が抜けて座りこみかねない高鳴りにくらくらとした。
 冥府を借りうける聖杯を割ってついた帰途に、いまこのときを生きる「リツ」の名を賜った。幼い振るまい、淑女の笑みをたずさえた主に見初められたことにより、御業のすべてを教えこまれて、指を重ね、探りあう日々がはじまったのだ。爾来、どれだけ旅をともにし、旅先でふらりと姿を消すと土産を抱え、ことによっては宝物を収奪してくる主の荷物持ちをしたか。いくら異形や信仰され奉る怪異を狩りたてたか。いかに多くの夜に触れ、笑みを、手ほどきを、寵愛を享けたか。ただ二人だけ残された近親の膚には、ときとして姦通の香油を塗りこめた。子にして従者、妾なのだから拒む理由はない。繊細な指に触れられ、心がとろける歓喜に人ならぬものとしての時を費やした。みだりに頬を染めた。
 不思議なことにいかほどの愛を受けても心には影がさし、リツに何度となく問わせた。わたしでよかったのですか、と。優れたものを多く眼にし、ときに不足を嘆いた。裏切ることが、使いものにならないような面を見せて期待を裏切るのが怖かった。
 その都度、蒼い眼は奥深くをのぞきこみ、
「出逢わせたのは天の気まぐれがなすことなれど、貴公というきらめきを選びとったのは、この朱水銀のグスターフィアが意志。悔いなどないよ」
 わずかに顔を傾けた上眼遣い気味の眼差しを授かれば、見初められた日と変わることなくして焦がれた。頽廃などという愚にもつかない云いまわしはあらかじめ火にくべ、忠愛に胸を熱し、未来永劫、終わりなど来たりしないと信じられた。血族は命の器よりこぼれ落ちていく時のしずくをせき止めるのだから、涯に悶えるものなどそう多くない。
 血を分け与えた唯一の娘だ、と聞かされ、リツは心底から誇った。咲き誇るこの世の花園からただ一本、手折られたことを、誇らずにいられなかった。
 輝ける日々は、だが、前触れもなしにいともたやすく光に溶けた。
 にゃあと聞く声のいざないにほだされた不甲斐ない主を、どうか赦してほしい。手許に残るのはそうしてはじまる短い手紙だけだった。
 旅と狩りのなかでリツに云い聞かせたことばを、主はみずから神秘に触れることで体現したのだ。永劫を誓いながら、輝きに誘われた果てなき遊歩をとめることはかなわなかった。未知に夢を求めた主は消えて、孤独はリツを内側から焼け爛れさせた。居城には、グスターフィアに懐いてやってくる毛玉風情の巨大な猫もいたが、じき姿を見せなくなった。さほどの愛着はなくとも、生活をともにした一匹の不在に虚しさはいやました。
 涯が琥珀をひび割れさせ、眼醒めの潮に袖を引かれた。こぎゆく薇発条(ぜんまい)は切れて、夢は行方をなくした。渡し守はもういない。血族の徒は赤いよどみに生きるものだ。故に、幻影への隠遁は許されず、別れへの手招きは無慈悲に、何度も、傷を手ひどく探る。


 眠りのレーテ河を渡って岸辺に足をつけるリツの眼を細めさせたのは、カーテンに切れめをいれる()れ色だった。伝承には血族を灼くとされる陽。そのきらめきも血でやすりをかけた知覚が鬱陶しいまでの鮮烈さでとらえるにすぎず、耳許で神の小言をささやくわずらわしさをほかとすれば息苦しさで難儀することもなかった。わずかに宿る熱っぽいうずきに誘われて、頬から唇まで這う赤黒い古傷を、拇指のふちで掻いた。
 給仕が入室時に誇っていたとおり暖房はよくきいたままだ。素膚にまとわるのは下着一枚だけながら一桁に下る外気を悟らせない。その居心地のよさも考えもので、すっかり寝こんでしまい、壁掛け時計の鳴らす差し迫った針の響きに予定は間近と急かされた。
 寝返りが撹拌する刺激的な香りの緒。
 エリクシル・ヴェジェタルの、シーツにこぼした残香に、午睡のふちで角砂糖へ落として舐めた酒精を強く思いだす。粘膜をなでる辛み。ざらつく砂糖。ともに舐める血の若さ。久しぶりの夢は、儀式めかした手つきが呼んだものか。

 あれからもう三年になるのに、思案のさなかにも、かたわらの体温を探して手を巡らせていた。手癖に毒づき、リツは身を起こした。あくびを噛み殺すと葡萄酒の馥郁たる赤が溶けたような髪に指を沈ませ、ぐらつく頭を押さえた。度を越して広い枕許からとった眼鏡の丸ふちを介せば、陽が強くせっつき、カーテンをあけて高みに見渡した現代のバベルで眼がくらむ。夕映えに伸びるのはゆがんだ極大尖塔建築(ウルトラ・ゴチック)。シミュレートのすべと工業が肥やした不規則な百塔に、バロックの凝集までしがみつく異貌のうねりで、空の形は錯乱し、霧と、蒸気機関の煙にぼやけ、そのよどみをして文明と名付ける物語がそびえていた。まるで人骨で築いた畸形の城だ。それは非ユークリッド幾何学というゆがみへ近づく、時代精神が望み、生まれるべくして生まれた悪趣味といえた。様式、様式、また様式。寄りあうそれは本来なら文脈を調えるべきものだった。記号を逸脱から守ってやり、そこに沿う建築様式に住まう魂を包むからこそ、歴史ある多くの都市は記憶装置ともなれた。
 その観点からいえば、ここは檻だった。守るどころか逃れられぬよう運命に首輪をかけて支配する檻。景観のいただきをこすってゆるりと横切る硬殻飛行船(ツェッペリン)の航跡までも、自由からはほど遠い。
 金属と混凝土(ベトン)からなる摩天楼は、定義しがたく総毛だちそうな趣だけを押しつけ、愛着は抱かせようとしない。リツはその名を胸に唱えた。
 鮮血流るる都(ブルートピア)ハインスベルク、と。
 血族がこの大陸に有する、おそらくは最大の自治区だ。栄華の底に不吉な病巣をともないながらにして、人の手より勝ちとった事実に変わりはない。
 異形の医療と普遍の正教が混じる教会との、偽りの蜜月が利権をあたえ、避暑地にもならない山あいの街を、いまや多くの血族と人が住まいとしていた。机上楼閣の一面もハインスベルクを肯定する。大英帝国(アルビオン)を追われし鋼の流浪民(ツィゴイナ)、かの原機械主義者(ハコーティスト)による空論も同然たる計画を受けれ、東欧の一角に輝点を生みだしたのだ。リツがこの街を訪れたのは実に三十年ぶりながら、世紀をまたぐ前、革命の時代から一歩も止まることを知らないままきたようだ。他の機関と分別したがり、誰もが大蒸気頭脳と呼ぶ夢見る機械は、電線から海底ケーブルと大陸をつなぎ、解析処理は街を進行形で肥えさせていく。
 たぐいまれなる錯雑を享けた奇妙な繁栄の都が、今宵、狩りの場となるのだ。
 リツは、陽をとざすと準備にかかった。
 短く切りそろえた丸っこい赤毛に手櫛を通す。
 戦化粧は無用だ。一輪を添える唇は赤く、膚は頬を流ゆくざらついた傷痕を除けば、白粉を乗せたがごときなめらかさなのだから。
 トランクの固い留め金をはねると、油紙でていねいにとじた整備ずみの拳銃は寝台に放りだした。豊かな胸は暗い紅染めのシャツで封をした。リボンタイは綿織りによる深く慎ましやかな黒で、従者の風采と大差はない。しかし猟区におもむく狩人は最小限度なれど麗しくあるべきであり、リツも、異端なりにはドレスコードにしたがった。
 織りなすのは、やはり赤と黒。まず別珍の鮮やかな朱と、なめし革の漆黒で明暗をあしらう長脚衣(スカート)に足を通した。左右非対称の裾はしなやかさを担う。鴉羽のように艶やかな黒が鋭利な尾を垂らす燕尾外套(コート)を羽織れば、リツのために、型紙から起こされた仕立てが、肩肘にぴたりと馴染んだ。胴に巻く革 鞘(ホルスタ)はきつめに締めてたるみを許さない。手足は少しもさらさずに、病んだ血を払う銀をあわせた。腕から指を包む瀉血の手甲。頑健な装甲板をたずさえた被甲長靴。甲冑から切りだされた艶の底光りは野蛮な歯牙より柔膚を守るが、その軽さは布に近い。氏族ごとに騎士長が継ぐ形ある栄誉だ。血族が銀に苦を見出すなどという説は所詮、およそ無知にすぎる民が、見えぬものを見た気となり口ずさむ下賤な噂話だった。銀がえにしをさだめるのは多神教の月神、ダイアナだ。暗い天頂へ昇る、はかなくも強いあの白光に相通じるきらめきが、どうして夜の種族に仇をなそうか。
 尖った指先で小ぶりなハットをつまむ。
 ちいさな羽根飾りとシルクの明暗。
 姿見にむかい、ほんの斜めで留め具(クリップ)を鳴らし、顔を左、右と傾ける。ひとかけの瀟洒は名誉に列する騎士と淑女のはざまで、夜闘の装いに似つかわしい。
 背と小脇の吊り紐に武具の重みをさげた。拳銃は水銀弾と火薬をグリスでとじた後装式輪胴を取りつけ、八角をなす銃口を革 鞘(ホルスタ)にさした。予備の輪胴はひとつとない。どの道、主立つ道具ではないのだ。
 しまいに、外套の襟へ大振りな缶バッジを留めた。檻にとざされて黒ずむ心臓をあしらった印章は、主の手作りによる、もう半世紀も前に受けとった氏族の狩人証だ。
 これで、夜に踏み入るそなえは万全となった。
 部屋をでしな、白壁に埋まった読取機関(リーダー)鍵符(カード)を通す。豪奢な金色を磨きあげられた機構はフロントから全室をつなぎ、帳簿に記録がつくと、重ったるい錠前を鳴らした。グラン・フレドリカ・パレスの高みを満たす白っぽい静寂は、どこか医院の通廊と似ていた。ホスピタルとホテルはひとしく巡礼者をもてなし、癒す場を語源とするが、その来歴を形式美に通底させる見せかけなのだろう。吹き抜けにでたとたん、それがにわかに破られた。見下ろしたロビーで眼につくのは慌ただしく、逃げ腰のうかがえる客足だった。リツは昇降機から玄関と夕暮れに惑う宿泊客の群れをかきわけ、宿をでた。
 大回転扉の外では西陽が待ちかねたとばかりに棘っぽく射すが、薄弱さから、それもじきに退屈な残滓となるのを感じとれた。
 パレスの鋭角がそそりたつリンデマン・シュトラーセからクルスペ・シュトラーセへ、橋をひとつ、またひとつ、と渡った。欄干を見下ろそうと見えるのは街の影くらいのものだ。そこからは真昼でも明かしきれない闇がのぞき返し、遠眼鏡でうかがい知れないどん底との高低差でまっとうな人間の足をすくませるはずだ。無数にある橋はどれも、古い街の地層を下に押しやって山岳の一角まで覆い隠す鋼とセメントの地平に渡されていた。区画単位(ブロック)からなるこの殻を多くの人々が定住の地とし、古びた地層に帰ることなどありえない。その代償となるのが白い紗幕だ。霧。煙。湯気。都市を生かす蒸気機関の有害な吐息はどんよりとした夜とまぐわり、刻一刻と濃さを増し、プラハの模造が入り組む路地を醜くかすませた。人為のへらとなった大建築は残照を病葉のありさまで散らすばかり。人眼につきにくい物陰で敷かれた鉄管の一本ずつにすら、充填された蒸気をよすがとする平穏を害そうと凶兆のかげりがしがみつく始末だ。あちらとなし。こちらとなし。夜の君臨は色を奪う。
 工場や算術団地が積み木状の層となったレツノーア小路(ガッセ)からは、光沢のない防毒面姿が次から次へと吐きだされていた。リツとすれ違うすべてが常人だ。いくら伝承通りの死を描かないにせよ、たいていの血族は陽を嫌い、日中の街路ではほとんど見かけない。人波は帰り道を急ぎつつもリツの襟で輝く証、背の仕掛け円盤に引きつけられた。古怪なペスト面の模造となるくちばし。死相色のゴム質。それら、瘴気説支持者(ミアズミスト)の呼吸器と精神衛生をナイチンゲール原則で守る面があろうと、不思議なことに、好奇は通り抜けてくるものだ。いくら鈍くとも異状にはすぐ気づき、視線はさも奇っ怪だと云いたげにはずされた。氏族の証明はいかに狩人が多く住み、狩り道具を見る機会があろうと浮く、鬼子の小道具なのだ。たかが衆目だ、とリツは内心でいなして、誇らなければ伏せもしない。
 道は狭まって、人影は減っていく。
 警邏を怠らない徒歩警官も、今日ばかりは狩りに参じないものからわれ先と駆け去った。やがて、けたたましいサイレンに大気がおののかされた。尖塔から尖塔へ。辻から辻へ。人に適さぬ危うい時間を告げる警鐘どころか、悪意を呼び起こす響きがあった。家々は戸をとざして、人の世から潮が引いていた。
 あとに残るのは、並大抵の都市ならば一笑にふす戒厳令の夜だ。恐怖の絵の具が家並みを黒い書き割りにした。なぜ夜への敵愾心に耐えてまで多くの人が住まうのか――問えば、簡素な答が返される。売血契約でそれ相応の生活があたえられるからだ。非主流の経済体系。健やかなる人血を公営血液銀行に渡し、普段の働きも重ねてさえいれば、身を焼けただれさせる貧しさとあっさり縁を切れる。選ばれし血の提供者と思わせ、そこそこに満足もあり、程度を低く見積もりはするが質実な世界観だった。
 混凝土(ベトン)の肉と鉄筋の骨子がなす無数の柱。人が売り捧いだ魂による柱。それらを背骨に街は建つ。
 そうして血のまわす社会はいつもなら日をまたいでも賑やかだが、街路は感情をなくし、どこもいたずらに黙りこんでいた。文字どおりの不夜城が幼子のように眼を覆う光景は奇妙もいいところだ。夜は深瀬よりこの上層へ這いあがるものを隠す緞帳となりはて、霧の追従で密となり、湿気は亡霊がまとうドレスの裾じみて生臭く、不吉にリツの頬をかすめた。区画をへだてて軌を一に闊歩する狩人の気配だけがあった。今宵は狩りの夜。堰を切って姿を見せようとするけものを葬る夜だ。これは娯楽でも、捕食でもない。隠秘学の円環が描かれる土地で生存圏を存えようとする限り、終わることなく実行されつづける儀式だ。血族のなかの血族、華族と称する行政府が指定する恐るべき一夜には、いったい全体、何が起こるかわからなかった。多くの市民は狩人衆に、聖職者に、血の騎士に、夜明けまでの空白を委ねるしかない。無事に、どうかまた安らかな明日を享受できるように、と。
 幅広な谷間に渡された大橋を越えるとそこは市街のはずれだ。地図を引いたリツは一路、水路が彼我をわかつ瀝青ヶ森の見えず途(ヒンターメンシュ)のふちへと足をむけた。ハインスベルクのはじまりとなったそこには、罪が流れ着く。未来を持たざる最下層の民。弔いなく流れ落ちた屍。穢らわしい虫。あるいは病に冒されながら、都市を浄化しようと追う検疫の手より逃げ延びたもの。そして、斯様なものたちの堕した怪物。
 けもの。それが土壌を呪う風土病の罹患者に上書きされる名だ。血の医療でも克服できないどころか媒介としかねない症候は、古来、疫病とあわせて語られた澱血(よどみ)のふるまいにも似る。人ならざる衝動と伝染性をもつためだ。しかし医学的見地だろうと計りきれぬ内実は伝染性の混沌で、血脈の継承を通した観念的な擬人化は通じない。つまりは食い潰して満腹になるまでとめどなく、人間も血族も問わずにすり寄る、どこまでも無作為な病なのだ。明らかなのは手段を徹して駆逐すべきとの一点だけ。その由来は多くの場合、血の医療こそが生みだした、と陰謀論調で尾ひれをつけながらいわくを語られてきた。いわば都 市 伝 承(シュタットクンデ)のたぐいだが、翻って、忘れてはならない事実も含まれていた。ハインスベルクの始原細胞とは、そも生の苦痛を退ける血の医療の町にして、神秘を拾う遺跡上の砦であり、それらの応用が国境なき医療従事者としての正 教 会(オーソドクス)を肥え太らせた、と。人が見つけやすいよう神は病の源泉に近づけて治療の法もおく。教義に伝わるそうした病の構図とは逆転するが、どう考えるにせよ、二者は干乾びたへその緒でくくられていた。
 類型を西に求めれば、大英帝国(アルビオン)で同じく旧き墳墓をいしずえに、女王の威光もなく忘れられたYの都も、似た道をたどった。神秘とは、順を追って啓蒙の段を踏みあがらなければ毒となり、ふつつかな眼配せをした日には、対価があるどころか狂気で魂を縛られる。来訪もまた人意にそぐわぬ影を落とすものだった。星より辰の仔が落ちて血海に沈む極東の都も、相通じる例のひとつと数えられた。
 呪詛たる病。
 現 世(うつしよ)の浅瀬に神の片鱗、あるいはそのものが寄りつき、よりひどく無理に呼んだ地に、いつだろうとつきまとうものだ。動乱と病の世紀にも道理は出そろっていた。
 もっとも、機序の仮構、病の正体がいかなるものかについては見むきもされないが。
 民草が求むるは安らかに迎える払暁だけだ。
 リツは霧で底知れぬ水路の梁に寄り添う、蔦細工のほどこされた梯子を降り、生化学質の刺激臭と無数の泡が暗渠に落ちていくどぶ川のきわにでた。金網の小径を越えたとき、夜気がどよめいた。遠く時計塔の鐘が、おごそかな重みではじまりを告げる。
 けもの狩りの夜が、幕をあけたのだ。


 街殻の奥に潜る理由を得たのは、五日前、ハインスベルクに到着した日の夕刻のことだった。中央街区に座する鉄道駅に着くと、宿をとるより早くフォーディズムの申し子たる四輪ガソリン車を拾った。参じる先は人と手を結ぶ繁栄の担い手――華族の殿堂にして、血族優位の社会をおりなす最上層たる記述院だ。
 ハインスベルク外縁で山間を切りひらく低層ゴチックは夜陰に際だって、大仰きわまりない。人里より離れて生存戦略を案じるその館は、白夢のチェイテとあだ名されていた。
 槍衾をそびやかす錬鉄細工のさなかに血族の象徴、瑞香(ダフネ)を飾った門扉からすべりこむと、暗然とした木々の茂りが森閑たる外から一転、リツの耳には切れめのない唸りがへばりついた。宏壮なゴシック様式を三階建ての上背にはべらす両翼から満遍なく届くのだ。低音はどこかパイプオルガンの残響と似て、よそよそしく、おごそかなまでに重みがあり、建築のすみずみにかよっていく血流を思わせた。封建的な見かけにお似合いの大扉から、ゆきすぎた白を内面にあしらう様式を踏めば、昼を生きる職員の人群れに混じって華族がすれ違う。その都度、寄越されるのはわざとらしい瞥見ばかりだ。気取り。蔑み。噂話。汚れた責務にむけてにじませる態度は、短命を嘲り、そのくせそこへ卑近した生を営む華族にこそ似つかわしかった。いらだつ理由さえもとうに摩滅した悪たれものどもは、リツの眼中にない。輝ける菫屍鋼の薄片で彩る自由接見証の五角形を掲げ、足早にロビーを抜けた。あらゆる煩瑣な手続きに抜け道をあける証は四代を越えて残る、数少ない栄誉の残光であり、いまだ気安さの契約を断絶せずに使いこなせる唯一の道具だった。
「Rがお通りだ」
 受付の官吏が吐き捨てた。
 忌み名と云いたげで非難がましい声音につぎ、壁でうねる古風な気送管(プノイ)が、スコン、と間抜けに鳴った。主への通知票を投函したのだろう。
 陰口趣味を唇に焼きつけリツの眼のはしに眼配せでほのめかす笑みも、奥の通廊を踏めばぐんと減った。角を曲がって行くほど強まる唸りが敷物となり、壁紙となり、絨毯の絶え間につかと鳴らす靴音から角を落とす。この音はしかるべきもので、なにせここはハインスベルクという肉体の頂点なのだ。歯車とパンチ・カードのおりなす蒸気機関式の人智、大蒸気頭脳が、いまだ訪れぬ未来の色彩に触れ、あえぐのだ。
 このところ、西では大いなる戦の火種がくすぶっているのだという。爆弾で(しい)された帝国大公。それを起点に人の愚かさと策謀が積みあがるなかで、自治区はいかなる振る舞いをすべきか、つねより一段と演算を重ねあげていた。
 バベッジ卿が女王の頽灰都(バビロンドン)にもうけた歯車娘の子孫たち。いまや、仮構する歯車の塊なしに世はたちゆかなくなっていた。人の意に従属する大蒸気頭脳はシミュレートというおこないをもって、多くを変えた。演算は科学の系統樹に成長をうながすと、産業を揺り動かしては全球的に広がるつながりまで講じ、グーテンベルク的変容で人の眼に映る世界を一変させたのだ。変わり果てたのは地球表面上の輝きだけではない。上位の智慧を模倣し、演算することで、より高みに干渉しやすい法を編んだ。
 恐ろしい神域の智慧は忌まわしく、ことによれば結実した先にある最果(いやは)てなき荒漠で発狂にも導きえる。だからこそ世に多く残されながら畏怖とともに禁じられ、保存され、なしくずしの散逸に見舞われてきた。それが人が世界認識、あるいは常識という皮膜をもって狂気の彼方に対抗する最大の手段である、というようにだ。触れるべきではない、手にあまる技法。その尖端にあって湖畔に身を横たえた、はるか西方のビェルゲンヴェアト学舎――神を恐れぬ「瞳」の探求の果て、ついには破滅するにいたった学徒たちが残す、豊穣なる見当違いと蒼褪めた血(ペイルブラッド)の物語を、解析の手段がたしかな基礎として扱い、再現し、有用なる手段まで昇華した「式」を組みあげているのだ。
 もっともそれすら、智慧の足許にも達せられてはいないが。
 兎角、ロゼッタストーンの自動翻訳をはじめて遂げた大機関を祖とする汎用処理能コードを通してさえいれば、解析に解析を重ね、文献の主要文節を拾い、パンチ・カードで編んだ写本と方法論をも提示できた。人智のありかたを高く見積もりすぎていた半世紀前なら、あるいは嘲笑の的となりえただろう。たかが機械が、と。だがこの時世、偶発する歯抜けを人の手で補うことはあれ、いささかの面白みもない技術だ。
 この記述院、ひいては隷下でたち働く官房遺物管轄団の有する蒸気頭脳は、それらを浮足だって活用する側にはいない。
 上位の智慧とは往々にして小走りで破滅に身を投じがちだ。故に、神秘を重んじるものたちは最低限の手際で抑えこむ法を案じた。かまびすしく案ずる大蒸気頭脳、マグラを核としたこの館も、もとは宝物を効率よく保管し、または壊す策定を編むべく建てられた。
 それがいつしか政治まで請け負い、ウィーン学派の複雑系なる夢を見て、ついに記述院の立場を高めるにいたった。くわえて暗号業もあった。解析を拒む高度暗号のほどこされた回線の貸与。協定を結んだ国家とのつなぎめとなる事業が、この街を内側から肥やす。奥の間にむかう細道には、それを律する偉大なる頭脳に接続された蒸気管、ケーブル、気送管(プノイ)、と真鍮の神経系がところ狭しとからみつく。右往左往をしいる入り組みようは脳の内側を歩く気分にさせ、賊を足止めする設計もうかがえた。要所にくるたび、リツは最大の免疫となる近衛騎士に睨めつけられた。もちろん、誰一人として余計な態度をさらす愚など犯さず、優美な甲虫の頭を思わせる、完全被甲で鋭利ながらも美は損なわない兜の曲線と、伏せたまま手をかけた剣の上辺にもの静かな敵意を誇示するだけだった。
 そのなかにあって一人、眼光鋭いのが、朱に金糸を織った装いで飾る騎士長だ。極東で血を拝したと聞くその男は偏屈そうに唇をへの字に曲げ、柄頭に手をおく。横切りざまの一瞥が警告していた。不信に足ればわが牙をもち千々に散らそう、と。和刀に由来する千景を繰れば速さにおいて比類ないと聞いていた。忠義のしめしかたに、リツは少なからず共感していた。賢しら口を叩かぬ分だけ、頭脳労働者よりよほど血族らしい、と。古風ながらよく磨かれた甲冑も、過装飾も、大袈裟な浪費趣味によく似合い、光の時間に闇を見出させる。どこもかしこも、そうした華族らしさと人間社会らしい機構を混ぜあわせていた。
 たっぷりと時間をかけて執行室にたどりつきノックをすれば、すぐに返答があった。
 要塞のような観音開きを押すと薄明かりとよどみない打鍵の音がこぼれた。機械仕掛けによる巨大な振り子が、部屋の最奥でゆるゆると身を揺すり、暗室を停滞させない通奏低音で刻みめを入れるかのようだ。
 その最奥で、燭台の火に白面が浮かぶ。華族の一柱にしてハインスベルク内務卿、無明のクサヴェルその人だった。男女のあわいも曖昧な美貌に若さをにおわせるが、それも皮相にすぎない。齢の意味はこそげ、数百を生きる老練さが面持ちを染めていた。なにより違和を色濃くするのが、両眼を固く塞ぐ縫い糸だ。相対するものにたいていざらついた不和を宿すそれは、麗しさを欠いた有象無象を強引に退けるもの、ともっぱらの噂だった。
「少々待ちたまえ」
 と、クサヴェルが告げてすぐ、タイプライターにピリオドを打つ強い一音が響き、
「ようこそ、忌まれし血統の子。息災ないようだな」
 面構えにたがわず細い指は手近な椅子を指し、着席をすすめた。微笑は頬をゆるめて見せたが、それもマスケラ風情でしかないと、リツはよく知っている。
 クサヴェルは机上に伏せた通知表に指を打って、
「わが臣下はぶしつけな真似を……」
「特段には」
 リツは首を振る。
「それは重畳」
 とクサヴェルはタイプライターを脇に寄せると、備えるように指を組んで見せ、
「困ったことに、みな高潔な素振りが好きだからな。それにしても、だ。生身の挨拶を交わすことも久方ぶりと思える――きみの氏族は社交や儀と縁がない」
「ザンクト・ヴェーニヒグレーベカップでの舞踏会もどき。それ以来です」
 リツは云い、外套の裾を払って就いた。
 華麗な服と優雅な振る舞い。思わせぶりな眼配せ。甘い血と杯。夜会のたぐいはいついかなる種類だろうと下らない阿 諛(おべっか)にまみれ、リツの好みからもっとも遠いところにあった。
「ならば、十二年ぶりというところか。ああ、もうそれほどに……。女爵位(バロネス)を継がざるをえなかったあのときですら。そうだな……」
「恨み節を唱える気などありません。たかが来訪の有無くらいで」
「たかが。そう、たかがだな。とは云えど礼儀を怠ったことには変わりがない」
 それとて三年近く前だ。系譜に席をつらねても、リツは時の膚触りが人の時分といくらも変わりなく、蒸し返すには遠く思えた。無意義な点検を重ねるのは、友人という「型」を楽しむ華族なりのことば遊びだ。リツは思い返し、気休めに首を振ってみせ、
「そちらはお忙しい身。お手紙をしたためてくださいましただけでもありがたい」
「その節には乱筆乱文で失礼をした」
「返信にも記しましたが、気遣い痛み入りました」
 機関電文のやり取りもあるこの時世に、紙と時間のやりとりは古風にすぎた。そう思案するリツも秘密郵便を網とする古式ゆかしい手段が嫌いではない。気が遠のいていた時期の手紙には、それこそ見るに耐えない乱筆の限りではあったが。
「大事な文のかわし手だからな、気に障っていなければさいわいだ。近頃は、筆をとることを嫌うものも多い。産業機械華やかなりしいまは嘆かわしさがつきんものだよ。して、この政治地図のなかで何用か……。きみが接見をとりつけてくるとは」
「要件は手短に。宝物庫に眠る禁制史料の閲覧。渡りの星杯(カリス)にしずくの囀りを満たす、儀式の夜に達するための四書です」
 と、リツは云い、継いだ息で心のすみに落とした躊躇の影を拭いとった。ジャワ更紗を張り果てしなくふこふこな居心地のよさが、むしろ据わりを悪くする椅子に前のめり、
「こと、昏い蝕血の碑を」
「なんたることか、これはまた」
 とクサヴェルは吐息すら迂遠に、
「存在せずして存在するもの。上位なる幻想。むこうの真理値を導く供え。墓守り氏族の娘が禁忌漁りをしていると伝え聞いたが、事実とはな――しかし、だ。傲岸にして不遜なわれら夜族であろうとも、おいそれとは触れがたい機密なのだ。わかるかね、リツ」
 従者が主から賜った言の葉を尊ぶ声色だった。真っ当なる同族として扱い、そしてまた、決して特別は扱いしないと表明する口ぶりでもあった。
 クサヴェルは肘掛けに頬杖をつき、
「グスターフィアは、いつであろうともわれ関せずの態度ではあったがな」
「自由そのもの」
「そして闊達」
「そのおかげで無茶にもほどがありました」
「いつでも窓の外を見て、な。夢見る貴族。頽廃のなかでもっとも頽廃らしい、なのにふわつき、歩きまわり、なんでもかんでもまさぐる態度」
「世界の輪郭に愛されるべくして。彼方への節度なんてもってのほかです」
 主はいつでも夢想とあり、リツは同じ夢想を、同じ幻想を共有することを望み、手と眼差しを重ねていたはずだ。握りしめた拳が、思いがけず音をたてる。
 クサヴェルの爪が物憂げに机上を叩いて、
「数百の時を生き延びるものの特権なるかな。きみが求める四書が含むのは、その揚句の、惑乱で飛び越えさせた碑。名を呼ぶにもいささかならぬためらいのいる宝物だ。畏怖の山脈より掘り起こされたドラクル公の暗憺。国土を守るべくしてつかみとった禍々しい遺風の、朱に染まった方法論。もはやこの世に姿を見せることなき旧い人々の儀式を、通史を、われらが祖神に伝う異聞として記した遺し文、と」
「存じあげています」
 かの碑は、神に呪われたものが記した外なる神の寵愛を得る法を残す、外典にして魔書、儀式道具のたぐいだ。要求を満たせば、神は喚ばいに報い、つりあった対価をあたえというわけだ。そこに悪魔崇拝や秘密宗派のような子ども騙しの曖昧さはなく、御供の法はことさら磨かれてきた。そして、螺旋を描いた神の内面を損なわないよう注意もまた求められた。
 クサヴェルは頬にこぼれた髪の一房を耳にかけ、
「一等禁書であることも……」
「一等禁書第三類指定のもと、この眷属の都においてすらも、教会が引き渡しの声明をだしてやまぬ語りの器。よき知識と認める余地もない」
「知りてなお求めるとは愚かなるかな」
「それも存じあげています」
「わからず屋の顔で云うに相応のことばだな」
「でしょうとも。西の医療教会の経典にことばを借りるならば、禁忌を恐れずして犯し、なればこそ光は降りる。諦念とは無縁たるべき、でしょう(ネス・パ)……」
「マタイによれば求めよ、さらば与えられん、とも」
 クサヴェルが同調の語を繰り返す。福音書第七章七節。傲慢な引用が、神に接する語群もたしなみの一端でしかないとの嘲りを潜んでいた。
 リツは顔色ひとつ変えず、
「そのようなところです」
「光を追うのはおよそ乙女の特権だ。血を借りた心が時の追随に億さず、それでなお心は鈍せずして夢想の爪先を浸すなら、乙女の領分にありつづける」
「わが主が光のあとを歩んだように」
「そう。でなければ、血の医療に通じてわれらに列席した、かの微睡姫、アンナリーゼ公が跡()ぎの一人とてなきままに、孤独に、その(はら)に神の子が宿る日を待ち望み、時をさまようように。きみもまた、永い血の従者でなく神秘の踏み手として求めるのだな。渡ろうとするものの『瞳』はつねにひらかれる。われらの誰もが秘めたる脳膜をタブローに、空想画の深淵として。何を求めて歩むにせよ、まず要るのは傲慢さだ。あるのかも知れぬ上を見据えて手を高く伸ばす。まったく、忌むべき務めの氏族はその涯までが忌まわしくある。恐れなど知らぬことそれ自体が恐れとなろう」
 クサヴェルは長広舌を味わい、声を落とす。
「あなたがたは繁栄の徒、ですものね」
「寂滅を恐れ、故にこの地を作りえたことはたしかだな。闇にありてうつろのまったき闇を憎み、輝きの落とす闇を望んだ」
「先を見る眼はいつとて破滅の足取りに感心しない。そのことは理解のうえです」
「だからとはいえ、とめるような節度をもつわけでもない」
 クサヴェルの唇がゆがんだ。褪せた血色に、犬歯の(しろ)さがのぞく。リツははじめて、不得意さで苦い引きつりを残しながらも笑みを装い、
「さすがは人との折衝となるだけの心持ち」
「栄誉として受け取っておこう。褒めてくれるものは悲嘆にくれる少なさなのでな」
 だが、とクサヴェルは念押しして云い、
「やすやすと閲覧を許せるほどに記述院の法はおろそかではない。ここは行政府のなかの帝国だ。隠匿された宝物に触れるとあらば見返りがあるべきであり、納得ずくだろうことは、あえて訊くまでもない。しめしたまえ。手指に染みついた鋭利な冒涜を。けだものよりしたたり落ちる血だけが、固く(とざ)した禁忌の門戸をひらく鍵となろう」
 それはわかりきった宣告だった。
 クサヴェルが抽斗から調書をとった。受け取ろうと伸ばしたリツの指は、ただの一瞬、渡すのをためらう微動を見出し、腹には小さからぬ怪訝さが沈む。それは訪れと同じく瞬時に去った。数枚の綴りからなる紙の最上、古層街掃討との黒々した機関印字極太書体にくわえて捺された教区長の印が、眼を瞠らせたのだ。引き換えの条件は大物狩りというわけだ。
 指に角をたてる紙質をめくるやいなや、思うとはなしに唇を噛んだ。記されるのは、ハインスベルクの穢れを祓う、血まみれの一夜に生じた魔だ。
 思いを馳せてかクサヴェルは天井へ息をつき、
「音無し鏃のグレッチェン」
 眼をつぶるリツは一抹の眩暈をこらえ、
「教会刺客の古狩人。まれなる完遂者。あるいは背信尼僧」
「背教者としてのおのれも捨てた。前回のけもの狩りの夜に、大きな失策を犯したのだよ。あやつらの血に穢れ、毒を腹に潜ませて古層(した)に身を隠した。足取りはひと月ほど不詳となっていたが」
「けものとして現れた、と。こうなっては詮ないながら、らしからぬ話です」
「そうかね」
「隊伍を組んだことがあります」
 それも一度や二度どころではない。抜けめない腕利きだった、とは口にださなかった。技倆を知るのはリツだけではない。教条記しの弓剣をかざすあの女狩人は、影から影へ、と転じて狩りを遂げ、けものどころか味方の眼とてくらませることで知られた。
「しくじりもまた狩人につきものだ」
 クサヴェルは冷やかに断じ、
「御技より早く牙が届くこととてあろう……」
 穏やかなる内務卿にしては奇妙な有無を云わせぬ抑揚に、リツは眼を眇めて応じた。
 さらにページを追えば、若い世代の殉教者――正教は自前の狩人をそう呼ぶ――のなかでも辣腕で知られる黒き宰相エミグディオ、副官たる蜉蝣刃のユルシュール、果ては血族の擁する赤マントのミヤークさえ、絶滅闘争に敗れたとの記述が、残酷なまでにくっきりとした打刻(タイプ)で書きつけられていた。教会が教義を、ひいては人身を害するものとのはざまにたたせる殉教者は、十八世紀末の人 狼 審 問 葬 乱 期(ツヴィシェンファル・ヴェー)、あの拷問的大時代を最たる隆盛として、わずかずつ減りつづけてきた。堅牢な機械仕掛けの先導する技術革命が花ひらき、信仰が思想に取って代わられていく昨今だ。好きこのんで藪を行くものはそう多くない。
 そのなかで威信を賭して育む精鋭中の精鋭を殺すまでに、強大な魔となり果てた戦友が、この都の底にいる。数年ぶりにしては酷薄にすぎる巡りあわせが沈思をしいた。
 真っ当な狩人であれば自分も真っ先に呼ばれただろう、とリツは思った。流儀を学び、一流の尖端にいるといっても決して過言でない。血族自体、狩りを捧げることによって、この国における正 教 会(オーソドクス)、どころか各国の抱く闇との、魔女狩りとよりあわせた時代を遠い過去に押しやる蜜月をあがなっているのだ。
 そも、血族は血を嚥下するが故にけものという病には敏感であり、狩りを独自にとりおこなってきた。それを政治の道具として最初に投じたのは、東欧一帯における最長老の一人、ヴィクトル・ナイ卿だった。いまより一世紀前に締結された神の代理人との契約は、五百年を越えてグレゴリウス九世の旧約を反故にさせた。病を殺し、血を統制する。普遍の救いとして世を導く教会は、直接に政治をとることこそないが、契約を守り、血族に俗世をあたえる権限を擁するほどには強固だった。そしてその鎖につながれた調書は教区長じきじきのお達しなのだ。にもかかわらず、こうして能動的に動くまで声がかかりもしなかったのは、氏族の長が代々となす技法に由来していた。狩りは優雅になされるべき、と華族は云う。武具の形態にこそ流行り廃りはあれ、騎士とは鋭利な腕前による血のほとぼりをつねとすべき。流麗な刃を自在に走らせることで斃す手練手管にこそ栄誉はある、と。
 儀礼が側壁を彩ることによって、先代のグスターフィアすら、幾度も大物狩りを遂げながらにして、手際の著しい劇しさただひとつで蔑まれた。氏族の抱えこむ得物――神の器の凄惨さは侮りや嘲笑の一線を越えるばかりではない。代を超えた憎しみに近い念で氏族の繁栄を禁じた。少数の守り手であれかし、と。まっとうと云いがたい神秘の仕掛けはリツの手中にある。だからこそ動揺も、恐れも腑には落ちた。
 呼ばれずして巡りあえただけ、ましというものだ。必ずやこの手で遂げよう。リツはそう誓いながら、おくびにもださなかった。
「あと何日かすれば、今季のけもの狩りの夜がはじまる。今日、きみが来なければヒジカタを投じていただろうな」
 口上にあがる騎士長の名とて狩りの目標を思えばいくらも違和感はない。
 リツは咽喉の底でささやくように、
「靴底の泥汚れをこそぐにはぴったり」
「やつが聞いたら喜ぶだろう。何をするにも実に器用な刃となってくれる男だ。立場が駒として動かすことを拒むのは難点だが」
「栄誉ある拘束、と。わたしは夜に乗じて、自由に大物狩りをさせてもらいましょう」
 リツは執務卓に調書を伏せて返す。
「よかろう」
 と、クサヴェルの微笑みが煽り、
「まれなる技法をもって武功をたてたまえ。朱水銀のグスターフィアの継子、刃むかうリツよ。わたしは拒まん。高慢だけを胸に据えた子らと道をともにすれども、この心根まで売り渡してはいないのだからな。行きたまえ。せいぜい準備を怠らぬことだ」
 必ずや果たすと思ってか気軽な宣告だ。
 しかし、要求に見合ってくみしやすさなどは微塵もない。血の騎士に楽な仕事などなく、一厘の隙があろうものなら死に蹴落とされるだろう。
其ノ貳へ目次へアーカイヴへ